食べ物で便秘解消の最近のブログ記事

コントレックスの噂は本当でした

私は便秘になりやすく、少し生活のリズムが狂うとすぐに便秘してしまいます。朝にきちんと食事をしないとダメで、一度便秘すると解消するまで長くかかるタイプです。
旅行では必ず出ないと言っていいほどです。ところが、初めてヨーロッパに旅行した時のこと。時差でリズムが狂っているはずなのに、きちんとお通じがあったのです。
ところが、帰国後は、また便秘気味になってしまいました。とても不思議だったのですが、調べてみて、現地で飲んだ水のおかげでは?ということに思い至りました。
ヨーロッパの水は硬水で、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富ですが、特にマグネシウムが便秘解消に効くそうなんです。
これに対して、日本の水は軟水で、ミネラルが少ないのです。
そこで私は、マグネシウムが多く含まれているミネラルウォーターを探し、飲むことにしました。
私には、フランス産のコントレックスという水が一番効いたように感じました。
できるだけ吸収をよくするため、毎日、朝起きぬけの胃が空っぽなときに1杯飲み、夕食前にも1杯飲みました。
そして1本飲み切るころにはすでに腸の調子が上向いていました。
硬水のミネラルウォーターは、最初は、少し飲みにくく感じたのですが、冷やすと口当たりがよくなり、飲み続けるうちに慣れてきました。
人によって合う水が違いますので、いろいろ試してみてほしいと思います。
便秘対策には運動や食事などの方法もありますが、私の場合は、いつも飲んでいる水をミネラルウォーターに替えるだけで簡単に便秘が解消できました。

バナナが便秘に効く~♪

便秘は習慣になってしまうとなかなか治りにくく頑固です。以前私もそうでした。これは食生活にも原因があると思います。
先ず毎日きちんと朝の食事を摂ることが大事です。忙しいからと言って朝の食事を抜くと身体にもよくありません。
もちろん朝一番に腸の働きをよくしてあげなければ便秘は治りにくいです。私の経験上朝の食事をきちんと摂ることから始めました。
その時にかならずいっしょに摂取するものがあります。ヨーグルトとバナナです。ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。バナナにはオリゴ糖が含まれています。
この2つを同時に摂ることによって腸の働きを良くします。直接大腸に届いて腸を活性化させるのです。
パン食でないご飯の人は、デザートのつもりで摂取してはいかがでしょうか。ヨーグルトにバナナを刻んで入れトッピングしてもいいと思います。
私はこの2つを摂取するようになって10年以上になりますが、お陰で便秘は治りました。
根気よくつづけて腸の働きを良くすることです。また、腸の動きを良くする方法として歩くことです。
歩くと腸が動きます。例えば駅まで、お買い物に行く間、自転車を利用していたなら、その間を歩くことに変更するといいと思います。
とにかく腸の働きをよくする方法を考えることが大切です。
軽い運動なら、座っていてもできるでしょう。腰かけたままお腹をなでることも効果があります。
さらにはベッドに横になった時にはお腹をなでます。すると腸に刺激をあたえるので動き出します。
このようにして私は便秘を解消することができました。

米ぬかヨーグルト

10年以上頑固な便秘に悩まされ続けてきた私ですが、最近ある方法を取り入れたところ嘘のようにすっかり解消してしまいました。
その方法とは、炒った米ぬかを大匙2杯程度プレーンヨーグルトに入れて毎朝食べるというものです。
舌触りとしてはまるできなこヨーグルトを食べているような感覚で、クセもなく簡単に食べる事ができます。
元々は私と同様に便秘症だった義理の母が友達から教えてもらったという方法で、試してみたところすぐに効果があったと言う事で米ぬかを分けてもらい、その日から始めたのでした。
米ぬかはフライパンで焦がさないように時々火を弱めながら7分ほど炒ります。
量としては1週間分ほどを炒り、タッパーに入れて冷蔵庫で保管しているので毎朝簡単に作ることができ、とても重宝しています。
一般の人は大匙2杯でお腹がゆるくなる恐れがあるとのことでしたが、私の場合1杯では効き目があまり感じられなかったので2杯入れて食べることにしています。
米ぬかにはビタミンB1やB2、食物繊維などが含まれるため、便秘の解消だけでなく、お肌の調子も良くなり、ニキビが出来にくくなったり顔色が良くなったなどの効果も実感しています。
健康と美容のためにも今後もずっと続けて行きたいと思っています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち食べ物で便秘解消カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ